就職活動で、お金が不足するといった事態が起こっています

就活でお金がない時

 

就活で一番大事なのは言うまでもなく内定をもらうことですよね?

 

そのためには

 

キャッシング

これが一番おすすめです!
いうまでもなく就活で一番大切なのは内定を取ることです!

 

就活で使うお金が必要だからとアルバイトなんて始めたら
就活に集中できず、内定が取れず…
最悪、就活浪人になってしまいますからね。

 

就活生に人気のキャッシングランキング

 

いらないものを売る

 

使わなくなったものを売ってお金に変えましょう。

 

でも、自分でヤフオクなどに出品するとなると写真撮影などの準備が時間がかかりますので、
プロに査定してもらって売るのがよいでしょう。

 

買取サービスランキング

 

 

全国どこでも最速30分無料査定しに来てくれます!

 

もちろん、郵送や持ち込みもできますが、
面倒ですからね。

 

買取プレミアムが扱っているのはブランド品、着物、切手、古銭、毛皮、アクセサリー、金券、お酒、宝石、時計、骨とう品、洋服になります。

 

 

https://kaitori-premium.jp/


 

 

 

5冊以上で送料がかかりません。

 

買取価格保証もついていますし、
高く売るならここですね。

 

ブックオフなら10円の本でもバリューブックスならもしかしたら…

 

 

http://value-boos.jp


 

 

就活するにはお金が必要

意外と忘れがちなところですが、就職活動にはお金がかかります。どれくらいのお金が必要なのかというと、あるリサーチ会社の調べでは、東京や首都圏においての就活では10万程度地方となると数倍にもなり、大体30万はかかるといった結果が出たのです。ちなみに、この数字はあくまでも早い段階にすんなりと就活が終わった人、そして推薦ですんなりと決まってしまった人の含んでいます。ですから、あくまでも平均値であり、就活が長引けば長引くほどそれにかかるお金もどんどん増えていっているのです。いくらぐらいかかるのかは、誰にも分らないのが怖いところ。良そうに反して長引き、「お金がない!?」なんて事態に陥ってしまう事もあるのです。

 

いつまで続くかわからない就活を乗り切るには、短期アルバイトなどを見つけておくといいかもしれません。長期で固定したアルバイトでは、就活に影響が出る可能性があります。日雇いなどもいいですね。

 

では、就活ではどんなことにお金を使っているのでしょうか?主な出費としては、スーツや靴、バッグなどの身の周りにかかるお金、面接や説明会などに出席するための交通費や宿泊、そして本や書類、文房具などにかかるお金です。いつまで就活がかかるかわからないですから、これらの必要品もどれだけ必要かわからず…特に交通費や宿泊費は長引くほど大きな痛手となります。

 

 

リクルートスーツはいくらぐらい?

就活に欠かせないのが、スーツや靴、そしてバッグなどの身の回りの品。リクルートスーツなんで呼ばれ方もしていますが、これがなくてははじまらない。身だしなみが整っているのは、就活では絶対条件なのです。

 

このリクルートスーツにはさまざまなものがありますが、有名なスーツ店ではシャツやネクタイ、ベルトなど…必要なものを一式そろえたセット品などを用意しており、必要なものが無駄なく買えるとして人気です。

 

スーツは1着で大丈夫…と思いきや、意外と数着用意しておかないと大変なこともあります。たくさんの会社を受ける人などは、スーツは複数持っていたほうがいいでしょう。スーツから小物まで合わせると、大体3万〜5万はします。これだけで、結構な金額を占めるものとなるのです。

 


上限が見えない交通費

就活にかかる費用の中でも、その上限がみえないのが交通費です。長引けば長引くほど費用はかかり…まさに死活問題ともいえるもの。

 

会社の選考を受けるには、まずは現地に行かなくてはいけません。これが説明会や面接といったものなのですが、行くには当然、往復の交通費がかかります。住んでいる県内にあるのであればまだしも、他県の場合ではかなりの出費となります。どのくらいの距離にもよりますが、手段としては高速バスや鉄道、飛行機…この3つの中から選ぶものとなります。

 

3つの中で一番に安い移動手段となるのが高速バスです。ただし、移動にかかる時間はめちゃくちゃ長く、しかも夜行便がほとんど。慣れないスーツを着て長時間のバス…それだけでも疲れるのに、その後には緊張の説明会や面接です。疲労と緊張で体調を崩す人も多く…その後に受ける予定の会社の面接に影響を与えることもあるのです。

 

ですから、遠距離での場合は鉄道。それも新幹線で移動するのが一番いいでしょう。鈍行は時間がかかるので、避けます。場合によっては夜行バスよりも費用が高く、時間もかかることもあるのです。新幹線なら乗車時間も短く、手続きも簡単。心身共にそう負担にはならないはずです。

 

そして、新幹線でも時間がかかる、もしくは乗り継ぎをしなくてはいけないほど遠い場所だとしたら、その場合は飛行機がいいでしょう。早く到着しますが、かかる費用は高額となります。ただ、乗ってしまうと早いのですが、空港まで移動するのに時間がかかりますので、その分も忘れずに計算しておきましょう。

 

ちなみに、会社によっては1回だけの来社に終わらず、1次・2次・役員面接・社長面接と複数回おこない、合否を決めていくこともあります。1社だけで4回もいかなくてはいけないとなると…これは相当な交通費となります。

 

 


宿泊するなら安いビジネスホテル

受けたい企業が遠方にある場合…場合によっては宿泊する必要性があることもあります。観光に行くわけではないので、この場合はビジネスホテルに宿泊。ネットカフェなどを利用する人もいますが、これは就活の場合は向いていない行為といえます。その理由は、就活に必要な荷物をたくさん持ち歩いている事、疲れが取れないばかりか疲れてしまう可能性が高く、漫画やパソコンなどの誘惑が多い…といった事が挙げられます。

 

ちなみに、会社によっては交通費を出してくれるところもありますが、ほとんどが最終面接に残った人だけ。それまでの来社にはお金を出してくれることはすくないです。数十年前までは交通費がよく支給されていたのですが、今はもうさっぱり。逆に、最終面接でも交通費を出さない会社のほうが増えているのです。

 

また、交通費を出してくれるとしても、その場で現金支給といった形は少なく、後日振り込みといった形がほとんど。一時的に立て替えておかなくてはいけないことは、覚悟しておきましょう。

 

 

>>就活中にお金を工面する方法に戻る


更新履歴